コンタクトレンズ

写真

「メガネをかけているのがうっとうしい」「度の強いメガネはおしゃれのじゃま」な どといった理由から、コンタクトレンズの使用を考える人もいる。 そんな人たちにとって、新聞に織り込まれるチラシの宣伝文句だけでは、どの店 で購入したらいいのか判断がつきにくいものだ。 とにかく安い店で買いたい、と考える人もいるだろう。だが、価格だけで店を決 めるのは危険なことだ。というのも、そもそもコンタクトレンズの処方は、法律的 には眼科医のみに認められているもの。ところが、街の眼鏡屋さんやコンタクトレ ンズ販売店のなかには、眼科医どころか、コンタクトレンズを扱うライセンスさえ もっていない販売員しかいない店舗もよくあるということだ。一般にそうした店では、販売員とは別に眼科医を雇い、購入希望者の目を検査し てからレンズをつくることになっている。 だが、なかには、眼科医を雇わずに医師免許をもっていない人が検査しているケ ースもあるというのだから気をつけた方がいい。そう考えると、初めてコンタクトレンズをつくるなら、店で購入

する前

写真

する前に、自分にコンタクトレンズは向いているかどうか、実績のある眼科医にま ず診てもらうことが重要になるのかもしれない。 涙が少なく角膜に傷をつけやすいドライアイと呼ばれるタイプかどうか、目脂の 量、代謝の激しさなどを診てもらうといいだろう。 コンタクトレンズも、最近ではいろいろなタイプのやつが各種そろっ ているので、このなかから、自分の目に合ったレンズが選べるはずだ。最近では装 用感がいいことからソフトレンズの人気が高い。 しかし、ソフトレンズは、装用感がいいために、かえって目に傷をつけても気づ かないことがある。視力を矯正するという意味では、ハードレンズのほうが優れて おり、目がゴロゴロさえしなければ、こちらのほうがおすすめだ。現在、理想的だ と考えられているのは、酸素透過性が高く、長時間レンズを入れても角膜への影響 が少ないQハードや連続装用可能なハードだといわれている。 また、最近人気急上昇中の使い捨てソフトは、価格が高いのが問題だったが、一 社独占状態から競合が認められるようになり、価格も下がり始めている。 使用法さえ正しく守って毎日きちんと取り換えて使えば、目にも負担をかけず快 適な生活が送れることだろう。これが結局何なのかはしらない。